ベリーダンサーの女とエロイプ

僕はフリーランサーの自由人、30歳で、根っからのエロです。
そしてこの間、昼間からエロイプしました。
エロイプの女の子は、22歳のベリーダンサーでした。
薄いピンクの透け透けの衣装をまとってました。
この衣装は、エロイプ用に、自分で作ったというほどの、エロい女の子でした。
おっぱいは、ほとんど丸見えで、乳首も透け透け衣装から見えてました。
長い脚も見せつけて来たのですが、透け透けな衣装から見える脚は、生脚よりもいやらしく、最高でした。
あの部分だけは、濃いピンクの布で隠されていました。
ちょっと踊ってよ。
というと、いやらしく腰を動かし踊ったかと思うと、おっぱいを今度は揺らしてきました。
凄く妖麗でした。
ドキドキさせられました。
そして、その女の子は、凄く気持ちよさそうに、自分の乳首をいじり始めました。
あっちの方もお願いと頼むと、脚を天井に向かって振り上げ、なんとパンティーも履いていなかったのです。
おまんこが丸見え状態になりました。
僕はこの女の子のおまんこに釘付になってしまいました。
そして、この女の子はテーブル台の上に座り、おっぱいを揺らし一踊り、髪をかき上げながらいやらしく踊り続け、僕を見つめてきた後、また両脚をガバッと開き、オナニーを始めてきました。
いやらしい女の子の声が響いてきました。
僕は、その声とおまんこでいってしまいました。
最高にエロく可愛い女の子でした。
その晩、その女の子を妄想して、何度も抜きました。