FXの納税はe-Taxで。自宅で空き時間に作業出来てすごく便利

FXの納税ですが、「FX業者」からでも行う事が可能です。
例えば、外為オンラインと言う業者がFX業界では特に有名ですが、「納税」と言うページを開くとオンライン確定申告(e-Tax)について説明がされています。
また、途中にはオンライン確定申告(e-Tax)だけでなく、どのような申告(区分)となっているのか・・・についても触れられていますので、必ず見ておくようにしましょう。

どうしてかと言うと、オンライン確定申告(e-Tax)で全てがサポートされているからではなく、主に全てではなく一部しかサポートがされていません。
申告の区分などについては青色などがあるのですが、自分がサラリーマンか非サラリーマンかでこのような区分へのチェックが必要です。
また、オンライン確定申告(e-Tax)において誤った申請をしてしまった場合、不足している金額を納税では済まない結果となってしまいます。
最初からやり直しとなりますので、1度で終わらせられるように工夫したいところですね。

ネットで確定申告すれば行列待ちをしなくても良いからすごく楽!

最近のFXの納税はと言うと、今では「オンライン確定申告(e-Tax)」が便利に使われています。
また、基本的にはそこまで多くの時間がかかりませんので、コチラで申請をしたほうが良いでしょう。
また、もしオンライン確定申告(e-Tax)を使わない場合ですが、時間にして「2時間近く」かかりますので、そちらには注意が必要です。
実際に、「申告を行える施設」と言うものが、各都道府県において決まっているのですが、こちらについては「行列のような状態」になってしまいますので注意!

誰でもそうですが、思い出したように申告をするようにしているので、基本的には平日の午前でできるだけ早く申告をしないと、基本的には行列で30分以上も待たされます。
それと、必要な書類などが決まっていますので、それらを忘れてしまった・・・と言う場合には、一度取りに帰らないといけません。

これもあるので、在宅でも可能なオンライン確定申告(e-Tax)が理想的とされているのです。
時間にして2・30分で作業を終了できます。

Categories: 投資関係 | コメントは受け付けていません。

FXのシステムトレード「トラックレコード」

システムトレードと言うと、「トラックレコード」も重要とされています。
トラックなので、レコードの場合には「システムトレードで提供されている売買システムのデータ」を集積しているものを言います。情報をトラックしていっていると言う風に覚えておくと良いでしょう。
また、システムトレードと言うのは自動で売買をするツールなので、その時限りの情報があれば十二分であったりします。

なので、「トラックレコードが不要」のように思っている人もいるのですが、最近ではトラックされるものに「利益率、損益率、最大ドローダウン」も含まれるようになってきており、また「システムトレードの高性能化」がこれを助けるような形になっているのです。
例えば、今まで自動で売買してきた評価ポイントについて、先ほどの項目ごとで数値化してデータを残していったとしましょう。
すると、「システムトレードで勝手に分析をしてくれる」ので、後はその予測を使ってトレンドに乗る・・・と言うのがトレーダーの作業となるのです。
本来であれば、過去の情報をどこからか手に入れてこないといけず、しかもどうなるかわからない相場を未熟かも知れない自分が予測するのです。
勝率なんてちぐはぐなものでしょう。

ですが、先ほどのトラックレコードについては、既に業者の方でも活用がされていますので、どれだけ情報として重用されているのかがわかりますし、当然ですがトラックレコードを活用しているシステムトレードの方が勝率は高いと言う実績もあります。
また、トラックレコードを自分で集めたり分析にかけたりするのが面倒・・・と言う場合には、「企業提供のストラテジー」を使ってしまいましょう。

業者ではシステムトレードに必要な情報をデータ化していますが、それをストラテジーと呼び、トレードにおいては優秀な売買システムの殆どがストラテジーを組み込んであるものです。
なので、最初からコチラとシステムトレードだけでも安定した取引に繋がる事が多かったりします。

Categories: 投資関係 | コメントは受け付けていません。

どこを見れば良いのか

アベノミクス関連で投資熱が上昇していますね。
いまはFXが投資として人気のジャンルとなっています。

FXのトレードなどよりも、FX業者について迷っている人が多いかと思います。
私もFXのトレードについての情報は多いのに、どうして業者についての情報は少ないのだろう?と、FXのトレードをやり始めてから思っていました。
また、簡単に自分なりの体験をまとめると、次のようなFX業者がオススメとなります。

1.22時間以上のサポート
今では22時間以上のサポートをしているFX業者は非常に多くなっていますので、FXのトレードであればそのような業者を選択するようにしましょう。
FXのトレードは、1日中で相場を見てトレードを申し込む事が可能となっていますし、FXのトレードであっても申し込みなどでトラブルが発生する事はあります。
そのような場合、折角の取引チャンスをサポートがされていないから・・・で潰してしまうのは勿体無い。
また、サポートがしっかりしているところでは、「申し込みプラン」などを予め設けているFX業者もありますが、こちらでは初心者であっても安心できるFXのトレードについての斡旋が去れている事が多いですので、良ければ利用をしてみて下さい。

2.手数料無料
サービスなどの手数料については有料化しているFX業者は全くありません。
スプレッドなどの手数料についても、安いところでは円ドルで0.3銭となっていますので、原則固定で0.3銭となっているかだけチェックをしてから、FXのトレードについて考えるのが良いかと思います。

3.キャンペーン中かどうか
キャンペーンをやっている場合には、FXのトレードを行った回数や実際に使用した通貨(1万通貨以上など)で、キャッシュバックが発生するようになっています。
最近では、FX自体の人気が高まっていますので、FXのトレードをやる前からキャッシュバックが1万円近くもでるFX業者までありますね。
口座開設キャンペーンなどが特にそうです。

Categories: 投資関係 | コメントは受け付けていません。

仕事を終えたらバーに行こう

海外のバーの画像

海外のバーの画像海外への出張は基本的に仕事をしに行くのが当たり前ですよね?
たまには仕事をさっさと終わらせたら、観光地にでも行きたいところですが、経済の中心地から離れていることも多いので気軽に行くのは難しいかもしれません。

そんなに時間がない場合は、現地のバーにいって軽く一杯ほど飲んでみてはいかがでしょうか。
昼のオフィス街を歩くのとはまた違ったその国、その土地の今までのイメージと違った側面が見えてくるかもしれません。

<ハッピアワーを狙おう>
お勧めしたいのがハッピアワーです。これは、夕方の時間帯に設けられることが多いサービスで、ドリンクが半額になったり1ドルなどのキリの良い数字になっていたりします。
まだ明るいうちなら安全についてもあまり気にする必要はありません。店員さんにお勧めのお酒を尋ねてみるなど、一時の観光気分を楽しみましょう。

<ホテルのバーに行こう>
もう少し遅くなった場合は、夜の町にフラフラと出て行くと思わぬトラブルに遭うかもしれません。
そういった時はバーのホテルで一杯飲むことをお勧めします。ホテルの格にも寄りますが、音楽の生演奏などを聞けることもあります。

<上級編 地元の人が多いバー>
比較的治安の良い国の場合は、地元民が集まるバーに顔を出してみるのもいいでしょう。
貴重品や大金は必ずホテルの部屋に置いておくが無難ですし、その地域が安全かどうかホテルのフロントで情報収集しておきましょう。

運が良ければ、普通の観光では味わえない貴重な経験ができるかもしれません。もし、トラブルになりそうになったら、速やかにホテルに帰ることが大切です。深酒も避けましょう。

一杯のお酒が、仕事の疲れの癒やしになるだけではなく、素敵な思い出にもなるといいですね。

Categories: 海外を楽しむ | コメントは受け付けていません。

世界の日本食で話題を独占しよう

世界の日本食の画像

出張先で食べるなら現地の名物、というのも一つの選択肢ではありますが、ここでは世界各国でアレンジされた日本食を食べることをお勧めしたいと思います。
その理由としては、一つには比較的外れが少ないことがありますが、もう一つには話のネタにしやすいことです。「インドの蕎麦屋に入ってみたらカレーがかかってたんだ……」などという話ができれば盛り上がること必至です。

<ニューヨークの牛丼>
ニューヨークのマンハッタンには吉野屋が出店しています。
日本の企業なので、いつもと一緒と思いきや、Beef bowlと名付けられその商品はちょっと違った味がします。ニューヨーカー達の好みに合わせているのでしょう。
日本人にとって驚きなのは、お茶やつゆだくが有料なことです。アメリカにはお茶を無料で出す習慣がないのでしょう。

世界の日本食の画像<フランスのおむすび>
フランス人は、和食からオタクまで日本の文化を好むことで知られています。
最近は「おむすび」ショップもオープンしています。海外のおむすびなんてどうせ大雑把などと思うことなかれ、世界に冠たるフランス料理の国だけあって出汁の鰹節にまで凝っています。
盛りつけも華やかで大変美しいので、食べる機会があったら写真に撮っておくと後々使えるかもしれません。

<オーストラリアの寿司>
オーストラリアでは寿司が大人気です。スーパーや売店では必ず目にするほどよく食べられています。
それもそのはず、オーストラリア周辺の海は非常に豊かで様々な魚が獲れます。
ただし、日本にいる魚とは似て非なるもの。スーパーの鮮魚コーナーにも見慣れない魚が並んでいます。
是非覗いて見て下さい。

Categories: 海外を楽しむ | コメントは受け付けていません。

ビジネスには必須!海外での携帯電話の基礎知識

海外での携帯電話の画像

海外出張時は国際電話を掛ける場面が随所にあります。
国内の会社に打ち合わせをしたり、取引先だけではなくホテルやお店アポイントを取るために連絡をしたり、家族から緊急連絡を受けることもあるかもしれません。
携帯電話の使い方についてはよく調べておく必要があります。

海外での携帯電話の画像<レンタル携帯電話>
日本で使っている携帯電話をそのまま使える場合は限られています。大抵はレンタルの携帯電話を借りることになります。
空港で手続きをして借りることができますが、窓口が閉まっている時間帯に利用したい場合は、事前に連絡しておくと自宅に送ってくれるサービスもあります。
通話料金は高めで、レンタル料がかかることもあるため、長期で使用する場合にはお勧めできません。

<ローミング>
普段使っている携帯電話が国際ローミングに対応していれば、そのまま同じ電話番号を使うことができます。
使い慣れた端末をそのまま使用できるというメリットがあります。
レンタルほどではないのですが通話料が高めなことと、発信だけではなく着信にも料金が発生することに注意が必要です。

<プリペイド式>
渡航先でプリペイド携帯電話やプリペイドSIMカードを購入する方法もあります。
現地サービスを利用するため、定額で利用できることが多いです。
海外に着いてから電話番号がわかるため、事前に連絡先を周知させられないのが難点です。

海外でのストレスを減らすためには、ローミング携帯を利用することをお勧めしますが、対応していない場合や、長期間同じ国に滞在する場合にはプリペイド式を検討するのもいいでしょう。

Categories: 通信手段について | コメントは受け付けていません。

通信手段の確保には手間を惜しまない

海外での通信手段の画像

海外での通信手段の画像海外出張の際に一番困るのは、通信手段がなくなることです。
急いで本社に問い合わせなくてはいけなくなったり、日本国内のデータベースにアクセスする必要が生じたりした場合に、どこでどうすればいいのか途方に暮れてしまうケースもありえます。

<海外で使える携帯電話>
これは必須といってもいいです。いつ、どこで、連絡する必要が生じるかわかりませんし、相手方や本社の方があなたを探しているかもしれません。
国際ローミングができる携帯電話をそのまま使うことができれば、使い慣れたアプリやウェッブサービスなどが使えるので非常に便利です。

<インターネットカフェをチェックしておこう>
予期せぬトラブルなどで電子機器が使えなくなることもありますし、データを大量にプリントアウトする必要が生じることもあります。
インターネットカフェの場所、営業時間、日本語に対応したパソコンが置いてあるかどうかを必ず事前に調べておきましょう。プリンターがないケースもあるため、使用可能なデバイスも調べておいたほうが無難です。

<公衆電話の使い方>
連絡方法がなくなった場合の最後の手段は公衆電話ですが、掛け方が国によって違うので注意が必要です。
国際電話を掛ける場合には、専用のプリペイドカードが必要なこともあります。
また、国内から掛ける場合とは番号が異なっていますので、確認が必要です。

備えあれば憂いなし。
通信手段を確保するために走り回るなんてことがないように、海外出張に行く前にしっかり準備をしておきましょう。

Categories: 通信手段について | コメントは受け付けていません。